画材、技法
モチーフ
雰囲気、タッチ
シンプル | おしゃれ系 | クール、かっこいい | シャープ | セツ系 | ファッション系 | 乙女系、ガーリーな | ストリート系 | 文学的 | 楽しい | 幸せ感のある | やさしい | やわらか | ほのぼのとした | あたたかな、ぬくもりのある | 癒し系 | 静かな、穏やかな、落ち着いた | 素朴な | 明るい、元気のある | カラフル、鮮やかな | モノトーン | ヘタウマ | ナイーブ派 | 児童画風 | 落描き風 | コミカルな、ギャグ系 | 強烈な、強い、荒々しい | ダイナミックな、大胆な、 動きのある | 情熱的な | シック | 重厚、渋い | ホラー、こわい、不気味な | 幻想的、ファンタジー系 | シュール | 毒のある、風刺の効いた、 シニカルな・ブラックユーモア | アンニュイな | 叙情画 | 繊細な | 上品な | 寂しげな | 内省的な | 悲しみ | 狂気、錯乱 | 色っぽい、セクシー 、官能系 | かわいい | レトロ、懐かしい、ノスタルジックな | モダン | POP | 都会的 | 未来的 | 原始的 | 浮世絵風 | 大正ロマン | 和風 | 外国風 | 無国籍 | アメリカン | ヨーロッパ風 | 北欧風 | 東欧風 | ロシア風 | 南国風 | ラテン系 | 劇画調、アメコミ風 | 漫画、アニメ風 | リアル系、スーパーリアル | デフォルメ | アート系 | 前衛的 | 伝統的 | クラシカル | アールヌーボー・アールデコ | 装飾的 | 印象派風 | ニューペインティング、表現主義 | サイケ調 | 50年代、60年代風 | 70年代風 | 80年代風 |
対象
媒体、用途
プロフェッショナル イラストレーター集団 イラストレーターズ通信 会員募集
ガールズイラストレーションレシピ ~Photoshop+Illustrator+手描きプロのデジタル&アナログテクニックを公開~
イラストレーターズ通信コンペ

第4回『イラ通』イラストレーション・コンペ 結果発表

ゲスト審査員

上田三根子(イラストレーター)

イラストレーターズ通信会員審査員

サカイノビー佐藤ワカナ服部幸平古屋暁みうらし〜まる森流一郎山田博之吉岡ゆうこ

応募人数:121人
応募作品総数:454点

大賞

なかむら葉子

金賞

こばたえこ

銀賞

武政諒

上田三根子賞

オオタヒロコ

山田博之賞

みやこしあさみ

佐藤ワカナ賞

岸川恵

サカイノビー賞

水沢そら

吉岡ゆうこ賞

田中海帆

入選

IC4DESIGN加藤健介奥田一生川崎真奈きたざわけんじしんやゆうこ高橋ユミ秦直也蓑島恵美森豊山本啓太

入選次点

林宏之、河合寛、MARI MARI MARCH、ミヤザキコウヘイ、ヤマモトマサアキ、コバヤシヨシノリ、増島加奈美、高良真秀、トクマルユウコ、筒井早良、斉藤高志、西島知、山崎カズ ヒコ、タムラヨウイチ、岡田茂子、田口実千代、後藤美月

最終選考

小倉マユコ、もりあやこ、東條琴枝、荻原朋弥、西田真魚、宮城毅、高安恭介、渡邉 美里、TANICHO、とやちかこ、MISHAGRAPHICA、鈴木勇介、南無子、藤田あい、村上トモミ、 山田七重、大沢かずみ、大木貴子、宮崎ひろふみ、荒井涼子、今井雅之、SUNNY、シロマルユウタ、ダイモンナオ、西脇エリ、山本薫、小川メイ、藤本憲省、ryuku、しんじえりこ、Kenny.Cascade、加峯達也、友澤健太郎、なせつ、井上朝美、加藤麻依子、海帆/松本てん、西浦康太、 村上麻子、友広剛、川本恒一、chieko、Eriy、松田真由美、たなかみか、小林龍一、川又哉子、 瀧石公子、本田晴子、山口尚美、梶山よこあ、友田萌衣

なかむら葉子

なかむら葉子

なかむら葉子

なかむら葉子

なかむら葉子

なかむら葉子

なかむら葉子

なかむら葉子

なかむら葉子

なかむら葉子

なかむら葉子

なかむら葉子

なかむら葉子

なかむら葉子

大賞
なかむら葉子 (NAKAMURA Yoko)
E-mail:youko_nagokoko☆izu.bbiq.jp(お手数をお掛けしますが、☆を@にかえてご連絡下さい)
URL:http://www.geocities.jp/youko_nagokoko/
実力のある応募者が多く、激戦となった第 4 回コ ンペの大賞は、独自のフォルムと世界観で審査員 から高い評価を得た、なかむら葉子が射止めた。 そのたぐいまれな才能の源泉に迫る。
 なかむら葉子の作品は、不思議だ。
 クラシカルな雰囲気と現代的なセンスが同居している。日本的な画風の ようでいて、時にヨーロッパ的な香りも感じる。具象から抽象の間を緩や かに行き来しているような揺らぎも心地いい。

 なかむらは、福岡県で生まれ育ち、現在は大分県大分市で家族とともに暮らしている。これまでずっと九州で生活してきたのだという。
「田舎が好きです。今の土地は、裏に山と畑があって、山の中に住んでいるような雰囲気が味わえると思い、とても気に入って購入しました」
 ブログでは日々の生活の様子がうかがえる。冬の暖房は薪ストーブ。自 分で薪を集め、薪割りもしているという。
「すごく大変ですが、薪ストーブの暮らしは楽しいです」自然に寄り添うようにして生きる彼女が、まぶしく思えた。

「子供の頃は、引っ込み思案で友達と遊ぶのが苦手だったので、お家で一 人お絵描きばかりしていました」
 地元の短大ではグラフィックデザインを勉強した。卒業後は、デザイナー として会社に勤務していた時期もある。イラストレーションを描き始めたのは、二人目の子供が生まれた産休中だという。
「そのうちに絵を描く事が楽しくなってきて、そのまま会社に戻らず、フリーのイラストレーターとして活動を始めました」
 こうしてイラストレーターなかむら葉子が生まれることになる。2005年のことだ。

 しかし、大分ではイラストレーターとして通用せず、なかむらの作風を受 け入れてもらえる場を探して模索していたという。
 そんな時、冊子『イラストレーターズ通信』に参加、それを見た東京のギャラリー DAZZLE から誘われてグループ展に出品した。
「その展示で『イラストレーションファイル』[玄光社]の編集長から褒めて頂いたことを聞きました。それをきっかけに、私の活動場所は東京なのではないかと思い始めました」

 当時の絵は、今とは作風が違っていた。絵の具やペンで表情を描き込むスタイルだった。好きだというパウル・クレーや武井武雄の影響も感じる。
 2010年前後、画風の変化が訪れる。
「壁に貼るステッカーを描く機会があり、今の画風に近いものを描きました。それを見た人から『この絵の方がいい』と言われ、自分の良さはフォルムにあるのだという事に気付きました。それからは、モチーフをシンプルに描 くようにしています」
 これにより、より洗練された作風に変わってゆく。このタッチでの初めての仕事は、新聞に掲載される連載コラムの挿絵だった。
「人の心の中や夫婦関係の難しいテーマだったので、抽象的な表現が評価 されたようです」
新聞の挿絵で始まった今の作風は、書籍カバーや雑誌挿絵など、その活動の場を少しずつ広げていった。
 「しろくまのあくび」(URL:shirokumanoakubi.jp)では、なかむらのイラストレーションを使ったカーテンが発売されている。これは、千趣会がイラストレーターとコラボレーションするという企画で生まれた商品だ。
 彼女らしいモチーフの繰り返しがリズムを作っていて、部屋に飾ると心地 良さそうである。

「草花のイラストレーションがかわいらしい、だけど落ち着いた色合いです。リビングにも子供部屋にも合うデザインに仕上がったと思います」

 そして、陶作家小林陽子とコラボレーションしている「hocora」という器やブローチも面白い。 「少し古びた質感と柔らかなフォルムに、ちょっとおとぼけなイラストレーションをいれています。本当に自分が使いたい物として、何年もかけてやっとたどり着きました。毎日の暮らしの中で、ほんの一瞬でもほっこりとした気持ちになってほしい。そんな思いをこめて『hocora』になりました」

 この取材を行ったのは、ちょうど真冬。暖炉の薪を集めるのに忙しい時期だった。その様子が書かれたブログを拝見していると、パチパチと木々が燃える音が聞こえるような気がした。私自身もその火にあたるために、大分まで行きたくなった。
ひと昔前までは、「イラストレーターになるなら東京に出なければ」ともいわれていた。なかむらの場合は、九州という自然豊かで緩やかな土地ににとどまっていたからこそ、そのたぐいまれな才能が開花したのではないだろうか。時代に流されることなく、自己の世界観を深めることが出来た理由は、ここにあるような気がしてならない。

 なかむらはどこへ向かおうとしているのか。「どんなステージ(仕事)でも自分らしく、人の心に響くような絵を描いていきたいです。そして、絵を描く事が職業というだけでなく、ライフワークとして楽しんで描き続けられたらなと思います」

 そしてー ー
 2013年5月、HB ギャラリーにて個展が開催される。
 今最も注目する才能の次なるステージだ。これは見逃せない。
 なかむら葉子の時代が始まろうとしている。


(イラストレーターズ通信主宰/森流一郎)
K. タエコ(こばたえこ)

K. タエコ(こばたえこ)

K. タエコ(こばたえこ)

K. タエコ(こばたえこ)

金賞
K. タエコ(こばたえこ) (KOBA Taeko)
E-mail:hello☆q-taeko.com(お手数をお掛けしますが、☆を@にかえてご連絡下さい)
URL:http://www.q-taeko.com
武政 諒

武政 諒

武政 諒

武政 諒

銀賞
武政 諒 (TAKEMASA Ryo)
E-mail:mail☆ryotakemasa.com(お手数をお掛けしますが、☆を@にかえてご連絡下さい)
URL:http://ryotakemasa.com
オオタヒロコ

オオタヒロコ

上田三根子賞
オオタヒロコ (OTA Hiroko)
E-mail:hiroko☆i-mizutama.com(お手数をお掛けしますが、☆を@にかえてご連絡下さい)
URL:http://www.i-mizutama.com
水沢そら

水沢そら

サカイノビー賞
水沢そら (MIZUSAWA Sora)
E-mail:soramizusawa☆gmail.com(お手数をお掛けしますが、☆を@にかえてご連絡下さい)
URL:http://www5.ocn.ne.jp/~rubyred
岸川 恵

岸川 恵

佐藤ワカナ賞
岸川 恵 (KISHIKAWA Megumi)
E-mail:kishikawa@hiyoshima.com(お手数をお掛けしますが、☆を@にかえてご連絡下さい)
URL:http://kishikawa.hiyoshima.com
みやこしあさみ

みやこしあさみ

山田博之賞
みやこしあさみ (MIYAKOSHI Asami)
E-mail:asa0401asa☆hotmail.com(お手数をお掛けしますが、☆を@にかえてご連絡下さい)
URL:http://asamimm.com
田中海帆

田中海帆

吉岡ゆうこ賞
田中海帆 (TANAKA Miho)
E-mail:atelier-fufu☆son.petit.cc(お手数をお掛けしますが、☆を@にかえてご連絡下さい)
URL:http://atelier-fufu.petit.cc
IC4DESIGN

IC4DESIGN

入選
IC4DESIGN (アイシーフォーデザイン)
E-mail:info☆ic4design.com(お手数をお掛けしますが、☆を@にかえてご連絡下さい)
URL:http://www.ic4design.com
奥田一生

奥田一生

入選
奥田一生 (OKUDA Kazuki)
E-mail:k21217☆hotmail.co.jp(お手数をお掛けしますが、☆を@にかえてご連絡下さい)
URL:http://isseinoissyou.michikusa.jp
加藤健介

加藤健介

入選
加藤健介 (KATO Kensuke)
E-mail:day☆stilllife.org.uk(お手数をお掛けしますが、☆を@にかえてご連絡下さい)
URL:http://stilllife.org.uk
川崎真奈

川崎真奈

入選
川崎真奈 (KAWASAKI Mana)
E-mail:mana-koma☆nifty.com(お手数をお掛けしますが、☆を@にかえてご連絡下さい)
URL:http://www.milmil.cc/user/mana
きたざわけんじ

きたざわけんじ

入選
きたざわけんじ (KITAZAWA Kenji)
E-mail:kitazawakenji☆gmail.com(お手数をお掛けしますが、☆を@にかえてご連絡下さい)
URL:http://home.catv-yokohama.ne.jp/kk/kitazawa
しんやゆうこ

しんやゆうこ

入選
しんやゆうこ (SHINYA Yuko)
E-mail:yuko☆shinya.mail-box.ne.jp(お手数をお掛けしますが、☆を@にかえてご連絡下さい)
URL:http://shinya.flop.jp
高橋ユミ

高橋ユミ

入選
高橋ユミ (TAKAHASHI Yumi)
E-mail:info☆mukaka.net(お手数をお掛けしますが、☆を@にかえてご連絡下さい)
URL:http://mukaka.net BLOG:http://blog.mukaka.net
秦 直也

秦 直也

入選
秦 直也 (HATA Naoya)
E-mail:naoyahatax☆gmail.com(お手数をお掛けしますが、☆を@にかえてご連絡下さい)
URL:http://naoyahata.com
蓑島恵美

蓑島恵美

入選
蓑島恵美 (MINOSHIMA Emi)
E-mail:minoshimaemi☆minoshimaemi.com(お手数をお掛けしますが、☆を@にかえてご連絡下さい)
森 豊

森 豊

入選
森 豊 (MORI Yutaka)
E-mail:human-turbine☆samurai.zaq.jp(お手数をお掛けしますが、☆を@にかえてご連絡下さい)
URL:http://moriyutaka.jimdo.com
山本啓太

山本啓太

入選
山本啓太 (YAMAMOTO Keita)
E-mail:souzou1982☆yamamotokeita.com(お手数をお掛けしますが、☆を@にかえてご連絡下さい)
URL:http://yamamotokeita.com


審査員コメント

上田三根子(ゲスト審査員)

プロフィール:

明るくポップな画風と、お洒落なセンスは人気が高く広告・雑誌など幅 広い分野で活躍中。LION「キレイキレイ」シリーズ、プレイステーション用ゲーム「ぼくのなつやすみ」シリーズのキャラクター。 TIS 会員。パレットクラブスクール 講師。創形美術学校 非常勤講師。

コメント:

受賞されたみなさま、おめでとうございます。自分のスタイルを持ってい るかどうかということは、今後、イラストレーションの仕事をして行く上で とても重要なことだと思います。 個人賞のオオタヒロコさんの作品は、シンプルで一見簡単そうに見えま す。布や糸を使ったイラストレーションは、ともすれば装飾過剰になりがち です。極力、色や形をそぎ落とした世界は見ていて気持ちがよかったです。 やっぱり、センスの問題ということになるのでしょうが、どの作品も一瞬を 切り取ったようなおもしろさで、1 枚の絵から物語が感じられるようなとこ ろが「いいなあ」と思いました。

サカイノビー

第3回に続き、今回も審査員を務めさせていただきました。応募作品の質が均等にレベルが高くなっていて、こちらがとても刺激を受けた審査となりました。大賞のなかむら葉子さんの作品は優しく心に響き、表紙として多くの方々に受け入れられる大賞にふさわしい作品でした。審査員賞の水沢そらさんの作品は、人物が魅力的で、HPも拝見すると、仕事の要求にも自分らしく絵を構築して描いていく力があると感じました。皆様の今後の活躍を応援しております。

佐藤ワカナ

受賞されました皆様、本当におめでとうございます。こうして審査に参加させていただき、皆様のすばらしい才能に触れさせていただけました事は、本当に光栄で、勉強になり、心より感謝致しております。また、今回の審査で、選ぶ人によって、良いと思う作品の基準や感性が、同じではないのだな、という事を改めて感じる事となりました。ですから、今回、賞に入られた方はもちろん、惜しくも賞からもれてしまわれた方々にも、その才能を生かす事の出来るチャンスが、いつか必ず回って来ると思います。いろいろな機会に、皆様のすばらしい作品にたくさん出会えます事を楽しみに致しております。

服部幸平

2 回の審査員を経験させてもらって分かったことですが、審査というとまるでコチラ側が選んでいるかのように取られがちですが、実際は逆で「素晴らしい作品がコチラを掴んでしまう」という実感を得たことでした。作品に吸い寄せられるような感覚なのです。もう一つ学んだことはチャレンジ精神です。皆様のコンペへの意欲を感じながら、自分は最近こういう向上心を無くしているのではないかと自省しながら審査をしていました。反省しつつ、同時に素敵な経験を与えて下さった皆様に感謝いたします。ありがとうございました。

古屋 暁

たくさんの応募作品、楽しく拝見いたしました。入賞作品はどれも世界観がはっきりしており、パッと見て『あの人の絵』とすぐに分かる強力な個性があります。今回、入選と入選外の作品に大きな差は感じませんでした。入選者の人数に限りがあり、選ばないという選択をするのが辛かったです。選外の作品であっても実力のある方々ばかりです。そこから一歩突き抜けるにはどうすべきかが課題となるでしょう。皆様の今後のご活躍をお祈り申し上げます。

みうらし~まる

大賞・金賞・銀賞のお三方は、前回のコンペでも注目しておりました。文句なしの受賞、おめでとうございます。2度続けて審査員を務めて、応募作品だけでなくプレゼンテーション(HPやブログ)でも、プロ意識のある方とそうでない方との差がはっきりしていると感じました。と同時に、当落には時の運も!結果を前向きに受け止め、描き続け応募し続けることが入賞のチャンスにつながる、とも確信させられました。選外の中にもキラリと輝くものをお持ちの方が複数おられます。ぜひチャレンジし続けてください!

山田博之

イラストレーションは職能です。ひとつの仕事を完成させるために必要な技術です。普通のモチーフを普通に描けること。高度なクオリティーを保っていること。溢れるような作家の匂いが醸されていること。この 3 点は必須です。今回の審査にあたっても、これを基準に選ばせていただきました。個人賞のみやこしあさみさんは、普通の風景やモノを普通に描いています。決してセンセーショナルな作品ではありません。しかし、そこから醸される匂いは、心地よく抜ける清々しい風のようです。いろいろな媒体が思い浮 かびます。これから忙しくなる人だと思います。

吉岡ゆうこ

受賞された皆様、本当におめでとうございます!また、今回残念ながら選外となった皆様も、受賞作品に劣らず素敵な作品ばかりでした。コンペの審査をさせて頂くのは初体験でしたので、イラストレーションの審査の難しさを思い知らされ、即戦力か強烈な個性か自分にないものか共感出来るものを取るか、と悩みぬきました。結果、私自身が見て気持ちのよい作品を選びました。個人賞の田中海帆さんはまさに「気持ちのよい作品」で、人物描写と空間の取り方の上手さ、削ぎ落とした明快なシンプルさに心惹かれました。今回貴重な体験をさせて頂き、心より御礼申し上げますと共に皆様のご活躍を願っております。

森 流一郎

今回はこれまで以上に実力のある作品が多く、誰かを落とさねばならない審査は、とてもつらい作業となりました。ほとんどの方がプロフェッショナル・レベルだったと思います。他の審査員からも同様の意見があり、高い評価を得ながら、惜しくも入選に至らなかった皆さんのお名前も「入選 次点」として発表することとなりました。今後の、さらなるご活躍に期待しています。「次世代イラストレーターを発掘し、育てたい」と始めたコンペではございますが、諸事情により続けることが難しくなりました。大変無念ですが、今回にてひとまずお休みとさせていただきたいと思います。数々の才能と出会えたことは、私にとっても素晴らしい体験でした。ご応募くださったすべての皆様に感謝します。そして、多くの方々からご支援・ご協力をいただきました。心からのお礼を申し上げます。



第4回『イラ通』コンペ 展

第4回『イラ通』イラストレーション・コンペの入賞・入選者による展覧会が開催されます。

大賞 : なかむら葉子
金賞 : K.タエコ(こばたえこ)
銀賞 : 武政 諒
上田三根子賞 : オオタヒロコ、サカイノビー賞 : 水沢そら、佐藤ワカナ賞 : 岸川 恵、 山田博之賞 : みやこしあさみ、吉岡ゆうこ賞 : 田中海帆
入選 : IC4DESIGN、奥田一生、加藤健介、川崎真奈、しんやゆうこ、きたざわけんじ、高橋ユミ、 秦 直也、蓑島恵美、森 豊、山本啓太

会期2013年4月9日(火)~4月14日(日)
時間:12:00~19:00(最終日17:00まで)
会場:gallery DAZZLE(東京都港区北青山2-12-20-101 TEL 03-3746-4670)
   http://gallery-dazzle.com

主催

プロフェッショナル イラストレーター集団 イラストレーターズ通信
〒188-0004 東京都西東京市西原町5-3-5
TEL & FAX:042-452-6455(森)
電子メール:

↑このページのTOPへ