お問い合わせの前にご覧ください


画材、技法
モチーフ
雰囲気、タッチ
シンプル | おしゃれ系 | クール、かっこいい | シャープ | セツ系 | ファッション系 | 乙女系、ガーリーな | ストリート系 | 文学的 | 楽しい | 幸せ感のある | やさしい | やわらか | ほのぼのとした | あたたかな、ぬくもりのある | 癒し系 | 静かな、穏やかな、落ち着いた | 素朴な | 明るい、元気のある | カラフル、鮮やかな | モノトーン | ヘタウマ | ナイーブ派 | 児童画風 | 落描き風 | コミカルな、ギャグ系 | 強烈な、強い、荒々しい | ダイナミックな、大胆な、 動きのある | 情熱的な | シック | 重厚、渋い | ホラー、こわい、不気味な | 幻想的、ファンタジー系 | シュール | 毒のある、風刺の効いた、 シニカルな・ブラックユーモア | アンニュイな | 叙情画 | 繊細な | 上品な | 寂しげな | 内省的な | 悲しみ | 狂気、錯乱 | 色っぽい、セクシー 、官能系 | かわいい | レトロ、懐かしい、ノスタルジックな | モダン | POP | 都会的 | 未来的 | 原始的 | 浮世絵風 | 大正ロマン | 和風 | 外国風 | 無国籍 | アメリカン | ヨーロッパ風 | 北欧風 | 東欧風 | ロシア風 | 南国風 | ラテン系 | 劇画調、アメコミ風 | 漫画、アニメ風 | リアル系、スーパーリアル | デフォルメ | アート系 | 前衛的 | 伝統的 | クラシカル | アールヌーボー・アールデコ | 装飾的 | 印象派風 | ニューペインティング、表現主義 | サイケ調 | 50年代、60年代風 | 70年代風 | 80年代風 |
対象
媒体、用途
プロフェッショナル イラストレーター集団 イラストレーターズ通信 会員募集
ガールズイラストレーションレシピ ~Photoshop+Illustrator+手描きプロのデジタル&アナログテクニックを公開~
メールマガジン

メルマガ「イラストレーターズ通信」vol.15

[2012年08月15日発行]
http://illustrators.jp
────────────────────────
メルマガ「イラストレーターズ通信」vol.15
[2012年8月15日(水)]
(不定期刊)   
────────────────────────
メルマガ『イラストレーターズ通信』とはーー
イラストレーターの森流一郎が配信する、「イラストレーターズ通信」最新情報のメールマガジンです。

このメールマガジンは、配信を希望された皆様、
森流一郎がお仕事をさせていただいた皆様、名刺交換させていただいた皆様、
日頃からお世話になっている皆様、親しくさせていただいている皆様、
イラストレーターズ通信会員の皆様、イラストレーターズ通信に参加したことのある皆様、
にお送りしています。

万一、不要の際は大変失礼いたしました。
配信解除の方法は、このメールマガジンの最後にございます。
────────────────────────
目次
────────────────────────
01: ご挨拶
02:第4回イラストレーターズ通信コンペ 作品募集中。
03:小冊子参加者募集は「2次募集」に切り替えました
04:小冊子『イラストレーターズ通信vol.12』早割・通常申し込み、作品データ納品期限
05:Webサイト『イラストレーターズ通信』の英語ページ完成のお知らせ
06:『イラストノート』に記事が掲載されています。
07:イラストレーターの皆さんへ「お仕事確認書」の勧め
08:ネットショップ「イラ通」準備始めます 
09:新会員のご紹介 
10:「イラスト用語偽典」メルマガ編 「く」の巻 
11:あとがき


────────────────────────
01:ご挨拶
────────────────────────
お盆です。
そんなこととは関係なく、また熱を出して寝込んでいます。
夏風邪をひいた記憶は、少なくともここ20年ぐらいありません。
体力が衰えてきたことを痛感しています。
布団にもぐり込み、ぼんやりとした頭で、イラストレーターの仕事について考えていました。

いつだったかーー
世界的な現代美術の作家が小学校に来て作品制作をする、そんな内容のドキュメンタリー番組がテレビで放送されていました。
番組の終わりの方で、質問コーナーがあり作家が答えていました。
ある一人の小学生が、こんな問いかけをしました。
「これって何の役に立つんですか?」
美術家にとって究極の質問かもしれません。
しかし、その作家は少しもうろたえることなく、こう答えました。
「役に立たないものにこそ、本当に大事なものがあるんだよ」

たとえば、小説は文字で成り立っています。
イラストレーションは役に立たない、なくてもいい、と出版社が考えたとしましょう。
あらゆる書物からイラストレーションがなくなったと想像してみてください。
カバーも文字だけです。
書店に平積みされた本にはイラストレーションがひとつもないとしたら……
書店に入って本を見て回るときの、あのわくわくするようなときめきが半減するのではないでしょうか?
効率主義が行き過ぎると、無味乾燥で詰まらない世の中になります。
本当に大事なものは、一見無駄に思えるところにあると思うのです。

私たちイラストレーターの仕事は、現代美術ほど高尚ではないかもしれません。
でもよりたくさんの大衆に向けて、ちょっとした何かをお届けする、エンターティメントです。
そのイラストレーションを見た人が、ほんの少し幸せを感じたり、ときめいたり、「かわいい」と思えたり、それだけのことですが……
それは、世の中にとって、とてもとても大切な「小さな魔法」なのではないでしょうか?
きっと……イラストレーターは、ほんのちょっとした魔法使いなのです。

イラストレーターの皆さん、ぜひ一緒に、ちょっとした何かで、世の中を照らしていきましょう。
ほんのちょっぴりでも、より幸せな世の中になることを願って。

イラストレーターズ通信 主宰・理事 森 流一郎



────────────────────────
02:第4回イラストレーターズ通信コンペ 作品募集中。
────────────────────────
小冊子『イラストレーターズ通信』vol.12(2013年4月ごろ発行予定)のカバーイラストレーションを、広く一般から募集します。

■ゲスト審査員
上田三根子(イラストレーター)

■イラストレーターズ通信会員審査員
サカイノビー、佐藤ワカナ、服部幸平、古屋暁、みうらし〜まる、森流一郎、山田博之、吉岡ゆうこ

■応募資格
プロフェッショナル、または本気でプロフェッショナルを志す、イラストレーター。
「イラストレーターズ通信」の会員はもちろん、会員外からの応募も歓迎します。
国籍を問いません。ただし、日本語が堪能であることが必要です。

■対象作品
テーマは自由。
著作権を有する自作のイラストレーション。
お仕事に使用した作品は、自身の責任においてクライアントの許可を取ること。

■賞
大賞受賞者には賞金5万円を授与。大賞受賞作は、小冊子『イラストレーターズ通信』vol.12のカバーに使用、この小冊子にて特集記事も組まれます。
他に、若干名の入賞・入選作を選出します。
入賞・入選者全員を、プロフェッショナルイラストレーター集団イラストレーターズ通信に1年間無料招待。(既に会員の場合は、次の更新時無料となります)
無料招待に応じていただけた方は小冊子「イラストレーターズ通信」vol.13(2014年4月ごろ発行予定)にも無料掲載します。

■展覧会
入賞・入選作品展を開催。
会期:2013年4月9日(火)から14日(日)
場所:ギャラリーDAZZLE(http://gallery-dazzle.com/)

■著作権
著作権は、作者に帰属。
ただし、大賞・入選作品は、当コンペの宣伝や次回募集のため、広告・チラシ・DM・Web等で使用する事があります。

■応募料
2,000円+作品1点につき500円。例えば、1点の場合は2,500円。2点の場合は3,000円。5点だと4,500円になります。

■応募データ締め切り日
2012年9月30日(日)必着。

■結果発表
2013年4月ごろ発行予定の小冊子『イラストレーターズ通信』vol.12、Web『イラストレーターズ通信』(http://illustrators.jp)にて、入賞・入選作品を発表いたします。その正式発表の前に、メルマガやブログでも速報する予定です。

■その他の詳細
こちらをご覧ください。
http://www.illustrators.jp/competition.htm

※なお、このコンペ募集の告知が、7月発売の『イラストレーション』『イラストノート』に掲載されています。



────────────────────────
03:小冊子参加者募集は「2次募集」に切り替えました
────────────────────────
小冊子『イラストレーターズ通信』 vol.12は、「2次募集」に切り替えて、引き続き参加イラストレーターを募っています。
掲載料、作品データともに、参加受付のメール送信日から1ヶ月後が締め切りとなります。
皆様のお申し込みをお待ちしております。
http://www.illustrators.jp/recruit_02.htm



────────────────────────
04:04:小冊子『イラストレーターズ通信vol.12』早割・通常申し込み、作品データ納品期限
────────────────────────
早割・通常申し込みの、小冊子『イラストレーターズ通信』vol.12 作品データ等納品期限は、8月31日(金)24時です。
期限に遅れることのないよう、ご協力をお願いいたします。

なお、2次募集でお申し込みの場合は、参加受付メール送信日から1ヶ月後が締め切りです。



────────────────────────
05:Webサイト『イラストレーターズ通信』の英語ページ完成のお知らせ
────────────────────────
Webサイト「イラストレーターズ通信」の英語ページは、第2回、第3回のコンンペページを省いて完成しています。
コンペページの英訳が諸事情により遅れておりますが、ひとまずは英語ページの完成としたいと思います。
http://www.illustrators.jp/e_index.php

英訳はWeb英語スタッフの長谷さちあさんが担当してくださいました。彩さんとその会社の方にもお手伝いいただきました。
英語ページの制作はWebスタッフの彩さんが担当しています。

おかげさまで海外からの訪問者にも分かりやすいサイトになったと思います。
今後世界に向けて情報発信する準備ができたと思います。

ご協力いただいた皆様には心からお礼申し上げます。
ありがとうございます。

今後は、タンブラー、あるいはその他の方法で、積極的に世界に向けて情報発信していきます。


────────────────────────
06:『イラストノート』に記事が掲載されています。
────────────────────────
現在発売中の「イラストノート」NO.23 (誠文堂新光社)で、森流一郎のインタビュー記事が掲載されています。
主に「イラストレーターズ通信」に関してのお話です。
書店で手に取っていただけると幸いです。
57ページから61ページです。



────────────────────────
07:イラストレーターの皆さんへ「お仕事確認書」の勧め
────────────────────────
最近、「後出し著作権譲渡」が増えてきたようです。

イラストレーションの発注時には全くそんな話はなかったのに、作品を納品後、あるいは本が出来上がってから、
「著作権は、出版社に譲渡すること」との内容の使用許諾書・契約書を強要されたという相談・報告が多く寄せられています。
ギャランティは著作権譲渡の話がなかった当初の段階で決めた額のまま、その中に著作権譲渡の料金も含むというのです。
しかも、多くのクライアントは、世間的にはイメージのいい、大手企業や有名出版社です。

著作権譲渡がお仕事の条件であれば、お仕事の依頼時に相談するのが発注者のマナーであり、義務でしょう。

下請法では、
「親事業者は発注にあたって、発注内容を明確に記載した書面を交付する義務がある」
とされています。
なぜ前もって、著作権譲渡に関して明確に伝えていただけなかったのでしょう?
おおくは、作品納品後、あるいは本が出来上がってから一方的になんの説明もなく「著作権譲渡」を明記した契約書を送ってくるようです。
行き過ぎた効率主義、合理主義から、とても大事なことが見えなくなってはいないでしょうか?
子供の頃からフアンだった会社に、そういったひどい仕打ちを受けたイラストレーターがどんな気持ちになるか、想像してみてほしいです。

下請け法 http://www.jftc.go.jp/sitauke/index.html
この下請け法に関するページの右に並んだPDFパンフレットの「コンテンツ取引と下請法」(http://www.jftc.go.jp/sitauke/contentspamph.pdf)が分かりやすいです。
このPDFパンフレットには、「親事業者の主な禁止事項」として、
「親事業者が、コンテンツの作成の目的たる使用の範囲を超えて、著作権や二次使用権などを無償で譲渡・許諾させる。」
とかかれています。

こうした親事業者からの一方的な契約書・使用許諾書の強要に、いちイラストレーターが対抗することは難しいのが現実でしょう。
断っても断っても承諾するまで電話を切らないその強引さに負けて、多くはそのまま同意しているのではないでしょうか?
私も「後だし著作権譲渡」をしてきた出版社の方とお話ししたことがありますが、あれほどのものとは想像を超えていました。
相当の法律知識と論争の弁に長けたものでなければ、断ることは難しいと痛感しました。

「イラストレーターズ通信」では、お仕事の前に「お仕事確認書」を交わすことを奨励しています。
イラストレーションのサイズや点数、使用範囲や期間、そして著作権譲渡でないことをあらかじめ書面で確認することで、上に書いたようなトラブルを出来るだけ避けようというものです。
イラストレーターズ通信会員はもちろん、会員以外のイラストレーターにも使用を開放しています。
もしよければご利用ください。
「お仕事確認書」 http://db.tt/330IQah1

もちろん万能ではありません。何らかのトラブルになったとしても、「イラストレーターズ通信」では責任を持ちかねます。
また会員以外の皆様からの質問・相談には応じておりません。
恐れ入りますがご了承ください。

下請法に関する相談窓口もあります。
http://www.jftc.go.jp/sitauke/window.html

イラストレーターの皆さんが、トラブルに巻き込まれることなく、いいお仕事に恵まれることを願っています。



────────────────────────
08:ネットショップ「イラ通」準備始めます 
────────────────────────
会員の作品やグッズを、日本はもとより世界に向けて販売するネットショップの準備をはじめます。
会員の皆様からは、ネットショップ「イラ通」に関する要望やご意見を募っています。
詳細は会員掲示板をご覧ください。



────────────────────────
09:新会員のご紹介 
────────────────────────
本谷あかり
http://www.illustrators.jp/profile.php?id=1024

Upcheeka
http://www.illustrators.jp/profile.php?id=1025

ねもときょうこ
http://www.illustrators.jp/profile.php?id=1026

川添むつみ
http://www.illustrators.jp/profile.php?id=1027

いわいあいみ
http://www.illustrators.jp/profile.php?id=1028

武政 諒
http://www.illustrators.jp/profile.php?id=1031

金沢ともこ
http://www.illustrators.jp/profile.php?id=1032

ARI
http://www.illustrators.jp/profile.php?id=1033

naggy
http://www.illustrators.jp/profile.php?id=1034

なつ容子
http://www.illustrators.jp/profile.php?id=1035

篠原いづみ
http://www.illustrators.jp/profile.php?id=1036

森 みどり
http://www.illustrators.jp/profile.php?id=1037

西島 崇
http://www.illustrators.jp/profile.php?id=1038

中里かおり
http://www.illustrators.jp/profile.php?id=1039

古澤 杜宇子
http://www.illustrators.jp/profile.php?id=1040

コバヤシヨシノリ
http://www.illustrators.jp/profile.php?id=1041

Yurinoko
http://www.illustrators.jp/profile.php?id=1043

migu
http://www.illustrators.jp/profile.php?id=1044

金井淳
http://www.illustrators.jp/profile.php?id=1047

アオジマイコ
http://www.illustrators.jp/profile.php?id=1046



────────────────────────
10:「イラスト用語偽典」メルマガ編 「く」の巻 
────────────────────────

【杭】イラストレーター業界ではどんなに出てもうたれることはない、と思う。たぶん。

【悔い】「こんなに食えないのなら、イラストレーターになるのではなかった……」

【食いかねる】仕事がない様。

【食いつく】食えない頃は、どんな仕事にも食いついた。

【グイグイ】仕事がたくさん来たときの気持ち。「あきらめずに続けててよかった」

【ググる】仕事が来るようになると、何となく気になって、時々、自分の名前でググることがある。

【ぐちゃぐちゃ】毎日締め切りが数本あって、あまりにも忙しいときの頭の中。

【口を尖らす】「だってさ、著作権譲渡なんて聞いてなかったんだもの、本が出来上がってからそんな契約書送ってきてもさ……」

【口を封じられる】「著作権譲渡の契約書にサインしていただけないのなら、今後先生にはお仕事をお願いできませんがよろしいですか?」「……」

【愚痴る】「不景気で、イラストレーションの仕事は減るし、1点あたりの相場も下がるし、広告の仕事なんてめったにないし……ああ、バブルの頃がなつかしい」

【愚にもつかぬ】ばかばかしくてはなしにならない。「ぜひ、先生のイラストを使わせてください。世界的にポスターとかテレビCMとか、Webでも、もうとにかくバンバン出ますよ。すごくいい宣伝になります。え? ギャランティですか? ちょっと今回は予算がなくて……申し訳ないんですが、お支払いできないんです。ただ、先生にとっては世界へのまたとない宣伝に……」

【愚の骨頂】この上なく愚かなこと。「え? だめ? じゃあ、作品数を思い切って100点に増やしましょう。それだけの作品を世界に宣伝できるなんて、そうあることではないですよ……」

【苦楽】イラストレーションが好きだから、仕事を苦痛に思ったことはない。どんなに大変な仕事も楽しみながら乗り越えてきた。



────────────────────────
11:あとがき
────────────────────────
Webサイトでは、最新のお仕事情報や開催中の会員展覧会情報なども随時ご覧いただけます。
ほぼ毎日、会員の新作がアップされています。
続々と新会員も加入しています。
ぜひ、ぜひお越し下さい。
http://illustrators.jp



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メールマガジン不要の場合は、大変失礼いたしました。
お手数ですが、office@illustrators.jpまで「メルマガ配信解除希望」と、届いたメールアドレスからそのままご返信ください。
万一、複数通届いている場合は、解除希望のメールアドレスをお知らせいただければ、不要のアドレスは削除させていただきます。
ただし、会員の皆様はメルマガの購読が必須となっております。恐れ入りますがご了承ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イラストレーターズ通信 主宰・理事 森流一郎
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
イラストレーターズ通信 事務局
郵便番号 188-0004
住所 東京都西東京市西原町5丁目3番5号
電話・ファックス 042-452-6455(森)

電子メール office@illustrators.jp
ホームページ http://illustrators.jp
ブログ http://illustratorstsushin.blogspot.com/
twitter https://twitter.com/illustrators_jp
facebook http://www.facebook.com/illustrators.jp
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑このページのTOPへ