お問い合わせの前にご覧ください


画材、技法
モチーフ
雰囲気、タッチ
シンプル | おしゃれ系 | クール、かっこいい | シャープ | セツ系 | ファッション系 | 乙女系、ガーリーな | ストリート系 | 文学的 | 楽しい | 幸せ感のある | やさしい | やわらか | ほのぼのとした | あたたかな、ぬくもりのある | 癒し系 | 静かな、穏やかな、落ち着いた | 素朴な | 明るい、元気のある | カラフル、鮮やかな | モノトーン | ヘタウマ | ナイーブ派 | 児童画風 | 落描き風 | コミカルな、ギャグ系 | 強烈な、強い、荒々しい | ダイナミックな、大胆な、 動きのある | 情熱的な | シック | 重厚、渋い | ホラー、こわい、不気味な | 幻想的、ファンタジー系 | シュール | 毒のある、風刺の効いた、 シニカルな・ブラックユーモア | アンニュイな | 叙情画 | 繊細な | 上品な | 寂しげな | 内省的な | 悲しみ | 狂気、錯乱 | 色っぽい、セクシー 、官能系 | かわいい | レトロ、懐かしい、ノスタルジックな | モダン | POP | 都会的 | 未来的 | 原始的 | 浮世絵風 | 大正ロマン | 和風 | 外国風 | 無国籍 | アメリカン | ヨーロッパ風 | 北欧風 | 東欧風 | ロシア風 | 南国風 | ラテン系 | 劇画調、アメコミ風 | 漫画、アニメ風 | リアル系、スーパーリアル | デフォルメ | アート系 | 前衛的 | 伝統的 | クラシカル | アールヌーボー・アールデコ | 装飾的 | 印象派風 | ニューペインティング、表現主義 | サイケ調 | 50年代、60年代風 | 70年代風 | 80年代風 |
対象
媒体、用途
Ko. Machiyama (町山 耕太郎)コー マチヤマ (コウタロウ マチヤマ)
プロフィール画像
E-mail : mail☆loopool.info(お手数をお掛けしますが、☆を@にかえてご連絡下さい)
パソコン環境 : MacOS10.5.6 PhotoshopCS5
納品形態 : データ納品

■仕事
Urban magazine 挿絵(イタリア)
株式会社ひつじインキュベーション・スクエア 年賀状イラスト
講談社 雑誌 FRaU 挿絵/ 文庫 小説離婚裁判 装画
集英社 小説すばる 挿絵
エミレーツ航空 機内誌 Open Skies 挿絵
東京国立博物館 2011 秋・冬 月例講演会 ポスター
中央公論新社 沈黙する証人/ ボーダー 装画
bolabo.lab booclock iPad アプリ用イラスト
金剛出版 患者の自殺 装画
MUTRON CD ジャケットイラスト
LG Japan Ladies&Girls TV CM 背景イラスト
アメリカンホーム保険 アメリちゃん日記 TV CM 背景イラスト
東京海上日動コミュニケーションズ 社内E ラーニング用イラスト その他多数

■受賞歴
2014
・3x3イラストレーション年鑑 No.11Honorable Mention(アメリカ)

2011
・Rooms Magazine Issue 07 掲載(ロンドン)
・フッァションイラストレーションファイル掲載
・CUTTING EDGE ILLUSTRATIONS 掲載(ドイツ)
・札幌ビエンナーレ・プレ企画 2011 プロポーザル国際コンペティション入選
・第6回大黒屋現代アート公募展入選
・「Tokyo TDC 2011」入選ポスターに絵画使用
・「Graphic Design in Japan 2011」入選ポスターに絵画使用

2010
・200 Best Illustrators掲載

2009
・第一回『イラ通』イラストレーション・コンペ入選
・「第3回VAADビジュアルアート大賞」阿部真理子賞(審査員賞)受賞

2011-2008
・セツ展入選/マルマン画材賞受賞(2008)

■経歴
2011 セツ・モードセミナー研究科卒業。
2005 RESTIR web事業部退社。
2004 東京造形大学デザイン学科染専攻卒業。

エージェンシー「BILDINGU」所属

■個展
2010
・SETSU MODE SEMINAR,(東京)
2007
・EXTOLL CAFE (東京)
・Hair Club Paris(東京)

■グループ展
2009
・ART&PHOTO BOOK EXHIBITION 新宿眼科画廊(東京)
・「第3回VAADビジュアルアート大賞」受賞展 ビックアイ6F 市民ギャラリー(福島)
・GEISAI#12 ビックサイト(東京)
2008
・ART&PHOTO BOOK EXHIBITION 新宿眼科画廊(東京)
・roji ART EXHIBITION「壁画展」 rojicafe(東京)
・セツ展(東京)
・MOTT GALLERY(東京)
↑このページのTOPへ